音大卒業後が問題です

音大の話をよくする人が多いです。親父は分かりやすい人で、音楽家は音大、そして卒業しても就職口は学校の先生、それ以外は、楽団に入る手もあるだろうが、ほとんど飽きがないと言っています。
まあそうだとは聞いていますけど、音大は確かに幅が効かない大学というイメージはあります。
大体、ポピュラーで活躍したい人は、学歴が関係ない音楽学校か、専門に行く場合が多いですね。
音大は、クラシックには強くて、先生についていって、成功するというのが一般的だとは聞きました。
それも有名な音大じゃないと、余り意味がないとも聞きます。

どこまで云っても、自分で努力しないと続かない世界ではないでしょうか。
音大に行けるまで、学んだのなら、音楽のジャンルを聞く幅は広いと思いますし、知り合いがピアノで音大を出ましたが、講師でもいいでしょうし、ピアノの仕事は多いとは聞いています。
技術までは、良い所でも何でも真面目にやっていれば身に付くと思います。
問題は、そこからどうやってプロダクションに入るかだとかでしょうね。
結構音大を出てから、頑張っている人に多いのが、プレイヤーとして活動しながら、仕事は別というものです。
音楽は基本仕事にするかというと、賛否両論だとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>